メニュー

津山・美作地域の暮らしを支えて97年

緊急連絡先:0868-22-7211
ブログ
お知らせ
2019年6月25日
湯沸器 ポタポタあるある
 

こんにちは。                        LPガス課です。

久々の投稿でテーマを決めていたのですが画像を消してしまった…のは、

私の落ち度です。画像ってある日、突然、消えるのですね…

 

さて気を取り直して今回のテーマはガス器具でいこうと思います。

今回は器具を直す、直さないを考えず、知っていただけると幸いです。

 

では早速、湯沸器のお困りごとのひとつ

 

出湯管の水がポタポタ止まらない

こんなことは、よくあることだと思います。

 

では、さっそく修理開始!!

 

   

▲よく使用されているリンナイさんの湯沸器    前板を外して…

 

悪い部品はダイヤフラムというゴム製のパッキン

どこにあるかと言うと…

▲写真中央の三角形のようなビスの部分。

こんな奥なんて、メーカーさんたら鬼ですね(涙)

 

バラバラにしてビスが多く外していくのも一苦労。

点火ボタンを外すと今度は能力切り替えレバーを外して…

  

内銅の釜の裏を見れるなんて初めてでしょ?

ここまで、きたら気持ちが折れそう。それでも進むのです。

 

 

▲やっとたどり着いた。

 

部品を替えるのにかかった時間は約1時間半。もう精も根も尽き果てました。

 

ここまで、交換のダイジェストをお見せしましたが、この部品が消耗してきたら

湯沸器も大分、消耗してきた証拠。新しい湯沸器も買換え時期かもしれません。

 

 

いかがでした?最近は安全に使用できるようメーカーも沢山の安全装置を搭載して

きましたので部品外しに時間がかかる。でも、この多さが安心に繋がりますよね。

 

それにしても。

昔、私は器具に触れることが多かったのですが、かなりの年月が経ちました。

もう少しできると思ってたのですが、今回、時間がかかりすぎたのにショック。

 

あっ!当時も器具に時間かけたこともあり、私の全盛期はないことにします。

この技術は昔、中国地方のガス会社の皆様のおかげなのです。

 

 

 

 

では、素敵なガスライフを!!