メニュー

津山・美作地域の暮らしを支えて96年

緊急連絡先:0868-22-7211
ブログ
お知らせ
2018年7月12日
城下町つやまをめぐる
 

津山に在住の方ならご存知の方も多いかと思いますが、

ご存知の方もそうでない方にも改めて歴史ある城下町津山を紹介していきたいと思います。

第1弾として国重要伝統的建造部群保存地区に指定された城東地区を歩いてきました。

 

城東地区の西の入り口に津山ガスがあり、ここからスタートです。

 

▼出雲街道の入り口大橋前

▼城東地区についての案内板

道沿いを歩いてすぐ左手に古民家を再利用した

「Cafe & dining Bar chiyu(カフェ アンド ダイニング バー チュ)」があり、

韓国風料理と韓国茶が楽しめ、モーニングからディナーと楽しめます。

▼外観の雰囲気が良く入るのが楽しみになります。

▼昔の作りをそのまま活かし落ち着く雰囲気があります。

▼2階に4部屋ありますがそれぞれ違うデザインになっています。

たくさん紹介したいのですが、料理や部屋の様子は行ってからのお楽しみで!!

 

では、店をでて歩いていると道沿いに灯篭があります。

▼ある程度の間隔で設置しています。

城東地区を歩けば、津山で有名な老舗の製菓店があります。

1つは洋菓子店の「フランセ」

▼かわいらしいレンガの屋根が目印

▼ご当地銘菓である「津山ロール」や色鮮やかなケーキや焼き菓子があり、

マスターの笑顔が花を添えています。

▼喫茶スペースではケーキと一緒においしいコーヒーが飲めます。

もう1つ向かいにはさらに歴史を感じる重厚な建物の和菓子店

▼「京御門」

▼やはり有名なのは桐襲(きりがさね)

お土産や贈答には間違いなしではないでしょうか。

▼季節感のある上品な和菓子と色々あります。

テレビなどで何度も紹介されているお店です。

 

お店を出て、街道を歩いているとかわいらしい動物を発見しました。

▼きらきらした目の猫

▼福を呼ぶフクロウ

色々探してみてはいかがでしょうか?

続いて歩いていると「諸白」(もろはく)で有名な苅田酒造場があり、

津山は酒造りに適した寒冷な気候と伏流水に恵まれていることから古くから盛んに

作られ津山城下町の酒蔵のなかで唯一現存している貴重な建物を見れます。

 

▼漆喰と出格子がむかし町の雰囲気を感じられます。

▼苅田酒造正面

▼改修によってむかしの町並みの様子が再現されています。

まだまだ城東地区にはたくさん紹介したい所がありますが今回はここまで。

第2弾・第3弾とお届けし、津山の魅力を今後たくさん紹介していきたいと思います。